新入り登場★煌月日記

オイラはここぞ家にやってきた、ウィペットの煌月(こうが)だよ♪

スポンサーサイト

--------------:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

煌月と遊ぶ

2007-06-14-Thu-22:23
母ちゃんです。

煌月とお付き合いを始めて、早5ヶ月!!
うちに来たときはあまりの小ささに育てあげられるか心配ではありましたが。
今となってはそんな心配微塵もいらず。
もういいっ!ってくらいに着々とプチグレハン目指して成長中です。
おそらく、体重も12キロのったでしょう。
ほんと!うちに来たときは小さくて小鐵サイズにおさまると思ってたのですが。
大きな間違いだったようで・・・
それでも外見もずっしり骨太さんで順調に成長中。
だんだんウエストも見えてきて(笑)「ああ、ウィペットね」って感じにはなってきたと思います。
それでも、まだまだラブ?柴のミックス??な~んて見えるときもあるけど。

煌月をディスクドッグにする!!という執着はありません。
それでも「やる気」があるのなら、ディスクで遊んでみたい。
小鐵とのディスクは、順番が全く逆で・・・・
1歳を過ぎてからディスクを知った小鐵くん。
ディスクを見せたらなかなかのテンションだったので、上手な方に投げてもらったら、いきなりのナイスキャッチ!
そこから「やってみたら~?」で、人間練習。
小鐵との、受け渡しの練習はしてませんでした。
おかげで今も試行錯誤の受け渡し小鐵くん。
2年かかって、やっと最近小鐵の受け渡しの「ツボ」がわかり。
それでもまだまだ戦っております(笑)

そんな経験もあり?
煌月とやるなら、しっかり1からやってみたい。
小鐵との経験をプラスにして、煌月と遊んでおります。
今のところ、ディスクを見るといつものハイテンションが「超」ハイテンションになる煌月。
やる気は満々です。
ですが、まだまだ5ヶ月のイタズラ小僧。
ワタシなりに色々勉強したところ。
5ヶ月までに、「ノー」つまり「いけない」ということをしっかりと教えるということでした。
愛犬と楽しく暮すには、一般的な「スワレ」などの「躾」をする。
愛犬と楽しくスポーツをするなら「服従訓練」をする。
ということでした。
服従訓練というのは、5~6ヶ月から始めるといいそうです。
なのでまさに今の煌月くん。
今までに「躾」といわれる「ノー」「スワレ」「マテ」「ヨシ」などをしてきました。
まだまだ怪しい部分はありますが、大体はできるようになりました。
これからは、「服従訓練」というものです。
学校や訓練士さんに定期的に見てもらってない我が家は、すべて我が家流!
見よう見真似で頑張ります。
ただ「服従訓練」と言っても、何をしていかわかりません。
なので、JKCの「CD1」というものの、試験科目を例にして頑張ってみようと思います。
血統証のない煌月くんは、もちろんCD1などの試験は受けられませんが。
なんの目標もなく漠然とするよりはいいでしょう。

CD1の主な科目といえば、
1・紐付き脚側歩行(リード付で横につけて歩く)
2・紐なし脚側歩行(リードなしで横につけて歩く)
3・定座及び呼称(待たせて呼ぶ)
4・伏臥(脚側定座からフセ>定座)
5・立止(脚側定座から立たせて、また座らせる)
(全て、脚側定座から始まり脚側定座で終わる)

こんな感じ?
全て、コマンドを理解してくれないとできない科目ですね。
試験ともなれば、声に出しての命令は1回だけらしいです。
だから、歩いてても「ツケツケツケツケ」ってず~っと言ってられない。
まあ、うちは訓練試験ではないからなんでもいいのだ。
ただ、一番大事なのは「メリハリ」だそうな。
ダラダラとコマンドを掛けても、犬もダラダラになっちゃう。
だから、ハッキリとわかるようにマテなら「マテッ!」っと言ってあげなくちゃいけない。

上の5個の科目が大事なんじゃなくて、煌月といかにわかりあえるか?かなぁ。
そうそう。
こないだ、友人と電話で話をしていて、その友人は今「訓練競技」にチャレンジしてるのですが。
煌月の相談をしたら、まずはなによりも「アイコンタクト」を大事にしてといわれました。
なんでもいい。
母ちゃんの目を見るといいことがある♪と教えてあげてって。
目が合ったら、なでるだけでもオカシをあげてもいい。
これって、ワタシに夢中にさせるってことなのね♪
ワタシ(飼い主)に注目すると、オカシでもナデナデでもディスクでも何かいいことがある!って煌月に教えてあげる。

呼んでもこっちに来てくれなくちゃディスクだってできないし。
色々チャレンジの時期の煌月とワタシです。

小鐵は、ディスクがダイスキ。
「ディスク」が好きなんです。
「ディスクで母ちゃんたちと遊ぶ」のは嫌いでした。
だから、投げてキャッチするとそこで満足。
咥えて持ってきても、なかなか離してくれないのはそれです。
ディスクがないと呼びもできる小鐵くん。
「ディスク」がダイスキなので、誰にも渡したくない。
人間と遊ぶものってわかってくれなかった。
だけど、最近フリースタイルの練習を始めて。
次々に出てくるディスクで遊ぶことで、少しは「人間と遊ぶもの」ってわかってきてくれたような気がします。


って、かっこいいこと書いてみたけど、できるかな~??(笑)
いやいや。諦めたら何もできないのだ。
まずは、煌月と楽しく遊ぶことを目標に♪
「訓練」って書いたけど、ただ「遊ぶ」んだ。
がんばるぞ~!!!!
ディスクはそれからでも全然遅くない♪

それでも、「レトリーブ」はしっかり練習中!
なかなかの集中力で、これには感心します。
これが、果たして将来どうなるかにゃ~???ムフフ~♪

スポンサーサイト

COMMENT



コメントの投稿

HOME
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。